スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010世界選手権 男子FS パトリック・チャン

衣装がきらきらと輝いています。顔が固い。緊張が伝わってきます。

フリーは「オペラ座の怪人」

ねっとりとした滑り出し。
最初は3A+2T。3Aは跳んだものの着地が…。一瞬の間を置いて2Tをつけます!
3A単独になるかと思ったのになんとかつけました!

次の3F+3Tはおそるおそるといった感じ。3Lzも少し心もとない。
ジャンプは本調子ではありません。でも踏ん張って跳んでいます。

ステップにはキレがあります。足さばきが美しい。音に合わせて動きます。
次のスピンがキレイ!

スピンの後に泣いているような、おののいているような振りがはいります。
ここはもうちょっとタメてから次の動作に入った方が余韻が残っていいんじゃないかなと思いました。

スローパートもずっとステップしているみたい。のびやかに流れていきます。

そしてここで3A。キレイに決まりました!このまま調子を上げていってください。
3Lz+2T+2Loの入り方がいい。
スピンもいい。見惚れます。

だけど3Loで転倒。あああああ。氷に叩きつけるように手をついて起き上がります。
次の3Sは着地が危うい!
すこし勢いが削がれますが、2Aは丁寧に跳びます。

そして見せ場のステップ!キレを取り戻し激しく動き回ります!キビキビしていてかっこいい!
ラストに向けて盛り上がっていきます。

最後はスピンでフィニッシュ!

得点は159.42で2位。ショートとの合計247.22で銀メダルです!!おめでとうございます!!

とにかく3Loの転倒が悔しいです。それまで危ういジャンプもこらえて下りていたのに。
スピンとステップはさすが!もう美しい~。私、美しいとキレイしか言ってないですね(笑)
全体的にはミスもあってぎこちないところもあったんですが、それでもまとめたって感じです。

1月に行われたカナダ選手権でのオペラ座が一番良かったかな。これもミスはあったけど、スピードと勢いがあった。
(若干スピードに振り回されているようにも感じるけど)
20100117カナダ選手権
http://www.youtube.com/watch?v=lzdMzMzXH8c

ショートのタンゴは2シーズンやっているので、フリーのオペラ座とは完成度が全然違う。
今シーズンは怪我や病気で出遅れもあったので、よくここまで仕上げたなとも思います。

個人的には、芝居的な振り付けはあまり好みではないんですが、曲が「オペラ座の怪人」ならもうちょっとそういうのがあってもよかったのかなーと思います。
わかりやすい大きな振りがあったら、また印象深くなったんじゃないかな。
パトリックの手が好きなので(腕はもう少し柔軟性があった方がいい)、もうちょっと見せて欲しい。
あとは緩急。間というか余白というか。
色々要求したくなっちゃいます。なんか色々できそうなんだもん。
課題も悔しさもありつつ、凄く成長というかやりきる強さを感じた演技でした!

高橋大輔が回転不足とはいえ、4Fを跳び他の要素も決めて金メダル。素晴らしかった!
パトリックにとってもいい刺激になったんじゃないでしょうか。

ジュベールの4回転もそうだし、プレカンでの通訳や表彰式の笑顔など、見ていて嬉しくなる事が多かったです。
すがすがしい気持ちになれました!

エキシビションは3/28(日)です。こちらも楽しみ!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

みなみ

Author:みなみ
・現在サッカーは鹿島の10番本山さん、フィギュアスケートはカナダのパトリック・チャンを応援中。
・難しいことは考えず感覚優先です。
・兵庫県在住。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。