スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サクリファイス

サクリファイス/自転車ロードレース
近藤史恵
新潮社

主人公の白石誓はチーム・オッジに所属するロードレーサー。
高校時代は将来を嘱望された陸上選手だったが、ずっと走ることが苦痛だった。
いや、ただ走ることは好きだったが、勝つことの喜びというのがわからなかった。
だけど自転車でならただ走ることができると思った。
自転車は、自分が勝たなくても走ることができるスポーツだから。

ロードレースは団体競技で、チームは一人のエースを勝たせるためにその他のアシストが存在する。
アシストはエースのために風よけになり、時にはパンクをしたエースに自らのタイヤを差し出す。

チーム・オッジのエースは石尾。ある時白石は石尾が起こした過去の事故の話を聞く。
石尾は自分以外のエースを認めない。過去の事故はわざと起こしたものだと。
そして再び事故は起こる。事故の真相は…。


自転車ものといえば、曽田正人の漫画「シャカリキ!」があります。
私がロードレースを知ったのはこの漫画です。
こちらは、とにかく熱い!漫画で、主人公は「坂バカ」。
この漫画にもエースとアシストの関係は出てきますが、メインの話ではなかったですね。

サクリファイスの主人公の白石は、いつかエースになりたいと思っているわけではなく、アシストとして走ることに喜びを感じる人間。
文庫の帯には「自転車ロードレース×青春×サスペンス」とありますが、いわゆるスポーツ青春ものではないと思います。

なんというか恐ろしいです。
事故が起こると冒頭に書かれているので、レース展開を楽しんでいてもいつ事故が起こるのかと思うと心にしこりが残ってるまま読み進めないといけないんですよね。
そして勝利のために走る彼らの心の内が恐ろしい。
スポーツをやっていたらわかるだろうか。やらない私には理解できないという怖さです。

登場人物の中では伊庭が一番わかりやすいかも!
香乃は唯一の女性キャラ?
美人なんだけどちょっとエキセントリック気味というか側にいたら疲れそうな気がしますね。

ロードレースについて知らなくても凄く面白いんですけど、知っていたらもっと面白いんだと思います!
使用メーカーやモデルとなった選手とかエピソードとか。

サクリファイスの外伝「プロトンの中の孤独」「レミング」が「Story Seller」の1と2に載ってます。
続編の「エデン」は3月に出るそうです。

また読もうと思います。
今度は純粋なロードレースの話?それともなにか事件が起こるんでしょうか。楽しみです。

sacrifice サクリファイス 犠牲、生贄、献身
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

みなみ

Author:みなみ
・現在サッカーは鹿島の10番本山さん、フィギュアスケートはカナダのパトリック・チャンを応援中。
・難しいことは考えず感覚優先です。
・兵庫県在住。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。