スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

病気の事 6

骨シンチグラフィーを撮りに行きました!

この検査は、午前中に注射をしてそれが体に回った後、午後から検査になります。
なんて面倒くさい。

検査は地下にある核医学検査という所でした。
核医学というだけあってスリッパや扉には放射能のマークが入ってます。

朝10時に行って、注射を打ってもらいました。
この注射の中身は放射性同位元素で、ガンがあるところに集まるそうです。

注射は打つだけなのですぐ終わりましたが、検査自体は13時半から。
ご飯を食べていいとは言え、長すぎる…。

この間に他の検査に行き、病院内をうろついたり、持参した文庫本を読んだりひたすら時間を潰していました。

そしてやっと13時半。

膀胱に尿があるとダメなのでまずトイレに行かされました。それから検査室へ。
ここも、MRIやCTと同じく金属はダメなので検査着に着替えます。
機械もCTと似た感じ。

横になるとコピー機の蓋みたいなものが顔面スレスレまで下りてきます。
動いちゃダメなので退屈…。と思っていたらいつの間にか寝ていました。

途中で先生に「注射をした腕はどちらですか?」と聞かれるも寝ぼけていてとっさに反応出来ず。
「ひ、左です」と答えたものの、「まだ絆創膏を貼っていますか?」と腕をチェックされる。
何か検査に関係あったんだろうか。

大学病院なので、実習生数人に見守られながら検査は続く。
寝台が動いたり、角度を変えて撮影。

結局1時間ぐらいかかりましたよ!

この日はこの骨シンチ以外に、肺活量の検査をしました。
肺活量を測るのは初めてだったので、風車を持って息を吐く練習をしました。
ここの担当の方は物凄くハツラツとしてましたね。たいそうのおねえさんみたい(笑)
「はいっ吐いて吐いて吐いてぇぇ~、はーい、いいですよぉ」
なんとか測定をこなしましたが、私、肺活量が全くないわ~。

それから麻酔科で全身麻酔についての説明を受けました。
なんというか、全身麻酔こわっ。目覚めなかったらどうしようって思いますね~。

手術中は薬で呼吸を止めて、人工呼吸器をつけます。
気管にチューブを入れるので、その際傷がついて声がかすれることもあるとか。
全身麻酔のリスクや後遺症について一通り説明を受けた後、同意書にサインをします。
説明を受けても怖いだけだったんですが(笑)同意書にサインしないと始まらないですもんね。

今日はこれでおしまい!

骨シンチの料金は、約16000円!

高っ!!

後日病院から入院の日取りが決まったと連絡がありました。

はっきり決まると、再び不安が襲ってきました。
だって手術怖い!全身麻酔怖い!
それに退院後の事も心配だし、費用や仕事や生活の事も…。
昼間は平気だけど、やっぱり夜寝る前になると色々考えてしまうんです。

でもそれも1日考えて落ち込んだらすっきりしました。
(不安はあるんだけど、それはそのままでいいかと思えてきた)
以前に診断を聞いた時も落ち込んで夜眠れなかったんですけど、その時は2、3日続いてたので
今回は1日だったということはちょっと慣れてきたのかも(笑)

入院までに色々準備もいるし、手続きしないといけないこともあるし落ち込んでられません。

数日後、術前検診と言う事で手術について説明を受けました。
今までの検査結果を見せてもらい話を聞きました。

検査の結果は、肺活量が低くて貧血はあるけど後はほぼ正常。
骨シンチの写真も見せてもらいました。
腫瘍部分や関節、膀胱は色濃く写っていてそれが普通だそうです。

私の場合、高血圧や糖尿病と言った持病もないし年齢も若いし全身麻酔のリスクもほとんどないという事でした。
手術時間も2時間程度だと言うしあまり大がかりではなくてちょっと安心。

手術当日のスケジュールは決まっていないので、それは入院してから家族同伴で再び説明があるそうです。
全身麻酔についても、担当医がもう一度説明してくれるとの事。

じゃあ今日の説明いらないじゃんってちょっと思いました。
いや、今日の話を聞いて手術に対する不安がだいぶ軽減されたのでよかったんですけど。
先生にも時間の都合もあるしね。

今日の診察料は、210円でした!安っ!

入院まであと少し。

続く。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

みなみ

Author:みなみ
・現在サッカーは鹿島の10番本山さん、フィギュアスケートはカナダのパトリック・チャンを応援中。
・難しいことは考えず感覚優先です。
・兵庫県在住。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。