スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

病気の事 5

紹介状を持って大学病院に行ってきました。

さすがに大学病院は大きい。
整形外科に行くとスポーツ科があるので、制服を着た学生が結構いました。
学ラン高校生といかつい顧問の先生は何部だろう。後輩っぽい子もやってきて挨拶してました。

診断としては、2月に入院して検査。
足を開いて検査して良性ならそのまま人工骨を入れる手術。
悪性なら足を閉じて、治療方針を検討する。

実際に生体検査をしないと良性か悪性かわからないとのこと。

その手術の前に骨シンチグラフィー(RI)という検査をしないといけない。
それは予約制なのでまた1週間後。
…また1週間かあ。

その後は入院の説明を受ける。
病室にネームプレートをつけてもいいかとかパジャマは貸出か自前かとか色々。
空いている個室は1日1万5千円という事なので、4人部屋希望にしておきました。
1万5千円は出せないわー。
何か質問や不安な事は?と聞かれるが、入院は初めてなので何もかも不安だなー。

説明が終わり、次は検査。

まず採尿と採血。
先週もしたのにまたかーと思いますが、検査項目が増えてるので仕方ない。
採血は試験管6本分取りました。6本とったのは初めて。
終わった後、「血液がゆっくり出たので検査に使えるかどうか確認します。少し待っていてくださいね」と言われました。
そんな事ってあるの?しばらく待ってたら「大丈夫でした!」って良かった~。

その後心電図。
横になって両手首、両足首に電極が付けられます。
上の服は脱がなくてもいいのでブラをずらしてくださいと言われます。
クリームを塗られて胸にも電極をつけて、本当に一瞬で終了。

次は胸部レントゲン。
上半身裸になって青いエプロンみたいなのを着用。
立ったままの撮影で、松葉杖は邪魔になるので片足立ちしてました。
そうなるとほとんど動けないので、先生が私の体を動かし姿勢を正してくれました。
それでも1回目はブレて失敗。2回目はOK。
骨折してると本当に不便!

これで今日の検査は終了!
残す検査はあと1回!

次は入退院センターに入院・手術の費用等を聞きに行きました。
ざっくりした説明でも計算して料金を出してくれるのが凄い。悪性だった場合の医療費はわからないと言われましたが…。
「高額療養費制度」の説明もしてくれました。
準備することが多くて大変。

朝から行ってやっと終了。

紹介元の病院で聞いていたこととほとんど変わらない内容でした。
違ったのは良性寄りか悪性寄りかの見解。
どちらにせよ、足を開かないとわからない事には変わりはありません。

でもねー先生のちょっとした反応を深読みしてしまうんですよね。
入院して検査してみないと、病名がわからないと言うのが落ちつかない。

骨折してから時間がたつので、足の痛み、体力といった点は良くなってきました。
元から腫瘍がある場所が激しく痛むということもなかったし、今は骨折しているので足を使ってないし。

だから「足の骨に腫瘍があって、悪性の可能性がある」という事に実感を抱きにくい。

でも不安感はあって、少しナーバスになってます。
いつもなら平気な事が凄く大きな事に感じたり、悲しくなったりもします。

ただ私は基本的に面倒くさがりで楽天的なので、その状態もずっと続かないんですよね。

病は気から!と言うし考えていても仕方がない!

今は検査の日を待つだけです。(待つのが本当にいや)

続く
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

みなみ

Author:みなみ
・現在サッカーは鹿島の10番本山さん、フィギュアスケートはカナダのパトリック・チャンを応援中。
・難しいことは考えず感覚優先です。
・兵庫県在住。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。