スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

病気の事 3

紹介状をもらってMRIを撮りに行きました!

MRIを撮るのは初めてで私の知識と言えば「ジェネラル・ルージュの凱旋」(ドラマは見ていないので小説の方)の「がんがんトンネル魔人」。
トンネルの中に入ってガンガン音がするから子供たちが怖がってるアレ。
あとはテレビで見たことがあるぐらい。

病院に行ってMRI室が遠い。松葉杖で歩いていると嫌になってきます。
部屋に入って受付をするとすぐに名前を呼ばれました。
MRI室に入る前からすでに、「カコンカコン」という音が聞こえてます。

MRIは金属はNGなのでブラだけ取って上はそのまま、下はズボンを貸してくれました。
部屋の中に入ると本当にうるさい。

台の上に乗ると足を動かさないようにクッションやらなんやらを足の間にぎゅうぎゅうに詰められ大きなベルトで固定されます。
パッキングされました。

そしてヘッドフォンを渡され装着。オルゴールの音が流れてます。
ヘッドフォンをしたところでうるさいのには変わりないんですけどね。

頭まですっぽり入るのかと思ったんですが、私の場合撮影したいのは足なので下半身だけ。
このトンネルは予想以上に狭い!!
閉所恐怖症の人は絶対無理だと思われます。事前に閉所恐怖症か聞かれるだけの事はあります。

「カコンカコン」という音だけなのかと思いきや、急に「ガガガガガガガガガ」というすさまじい音。
工事現場のような音が鳴ったり止んだり。これはうるさい。子供は怖い。

でもいつの間にか寝てしまっていて検査時間の30分はあっという間に終わったのでした。

この日はこれだけ。MRIの診断はこの病院でやってその画像と所見が、地元の病院に送られます。
MRIの料金は7000円ちょっと。

数日後、地元の病院に診断を聞きに行くと…。

「レントゲンで黒い部分は腫瘍だった。紹介状書くからどこの病院がいい?」

と言われます。すぐ紹介なのねー。骨の腫瘍は普通の整形外科で見るのはまず無理らしいです。

地元の大きな病院と県内の大学病院どちらかと言われ近い地元の病院をチョイス。
予約は1週間後に取れました。

この紹介から予約が取れるまでが大体1週間かかるのがもどかしいです。

診断は「骨巨細胞腫 又は 動脈瘤様骨嚢腫」の疑い。

骨の腫瘍というのはあまりメジャーではないらしく、ネットで調べてもあまり情報が出てこない。
確かに骨の腫瘍と聞いてまず思い浮かべるのは骨肉腫です。
その骨肉腫も年間100万人あたり4、5人の発症だそうです。

骨巨細胞腫や動脈瘤様骨嚢腫は良性の腫瘍らしいけど、悪性の可能性もある。

早く病院に行きたいけど予約は1週間後。待っている間がつらい。

その上骨折もしてますから、何にも出来ないんですよね~。
骨折は初体験で当初は四苦八苦していましたがこの頃には松葉杖の扱いにも慣れてきました。
最初長時間外を歩いた時は腕と肩の筋肉痛になりました。
それからなんと言っても手のひらが痛いんです!持ち手のところを布でぐるぐる巻きにしないと痛くて歩けなくなります。
松葉杖がこんなにしんどいとは…。
本当にちょっとした段差も凄い障害になります。家の中が比較的段差がなくて助かった…。
あと足を固定しているので物凄くむくみます。見たことないぐらいパンパン。
寝るときは足を高く上げるのが必須です。
それと固定されている上にあまり動かなかったので、血液のめぐりが悪くなって足がしもやけになりました。
これはやばい!と思って出来るだけ足首と足の指を動かすようにすると大分ましになりました~。
しもやけなんて子供の時以来で、しばらくしもやけと気づかなかったぐらいで。

骨折して腫瘍が見つかったのはいいけど、やっぱり骨折は大変です…。

わかりにくいけど、MRIの写真。右ひざのあたり。白くてもやもやしているところが腫瘍です。
通常なら真っ白な骨が写ってるはず。

腫瘍


続く
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

みなみ

Author:みなみ
・現在サッカーは鹿島の10番本山さん、フィギュアスケートはカナダのパトリック・チャンを応援中。
・難しいことは考えず感覚優先です。
・兵庫県在住。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。