スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

病気の事 2

骨折したときの事。
2010年末、忘年会に参加していたんですが終電の関係で1人先に個室をでました。
部屋が2階だったので階段を使って降りていたんですが、最後に気を抜いたのか階段を踏み外しました。
とはいっても3段ほどで転倒はしていません。なんとか踏ん張ったんですが、その時膝からヘンな音が聞こえました。
ブチブチというかブツブツというか。膝の下あたりが痛い!!
やばい!と思いながらも階段のすぐ側が出口だったので外に出ました。
壁に寄りかかりながら、痛みに耐えていると店員さんがやってきて声をかけてくれました。
「大丈夫ですか?お店で休んで行きますか?冷やした方がいいですよ」
凄く心配してくださったんですが、私の頭の中は痛い!でも終電で帰りたい!だったため「大丈夫です」と言って歩き出しました。

この時はなんとか足を引きずりながらも歩けたんですよ~。
お店を出て、植込みのところに座って足をチェック。
膝の下が痛くて足を曲げたり体重をかけたりすると痛い。
見た目は血が出たりはれたりはしていない。
5分ぐらい休憩して落ちついてから、駅に向かって歩きました。
駅もそんなに遠くなかったので、とにかく終電で帰りたい一心で歩きました。

駅では乗り換えで階段使ったりホームをかなり歩いたりしたんですが、最寄り駅に着いたころには疲れきってもう歩きたくない状態。
自宅から使える駅は2つあって、この日は少し遠い方の駅(徒歩15分~20分ぐらい)だったのでタクシーで帰ることに。

自宅に着いたら、ほっとしたのか全然歩けなくなってしまいました。
酔っ払っていたとは言えよく歩いてたなって思いました。

その日はそのまま寝て、翌日。家族が1泊旅行に行く予定になっていたので(私は元から行く予定なし)
様子を見て病院に行くねと言って見送りました。

足は少しでも横に動かすと痛い。真っすぐにしている分には痛くない。
とりあえず冷やしてました。
痛めた足のダメージが大きかったせいなのか、物凄く眠くて夕方まで眠ってしまいました。
そんな時間なので病院に行く気にもなれず、再び寝てました。眠くて眠くて。

翌日家族が帰ってきて病院に連れて行ってもらいました。
この時は全く動けなくて這って進むか、もしくは痛めていない足でまずつま先に体重をかけかかとを横に動かす。
次はかかとを支点にしてつま先を横に動かす、これを繰り返して横滑りして進んでいました。
キャスター付きの椅子でもあれば苦労しなかったのに、残念ながらうちにはありませんでした。

なんとか病院にいくもののそこは年末なので、詳しい検査は年明けになりました。
レントゲンを撮って、足を固定して、松葉杖を借りて、痛み止めの薬をもらいました。

レントゲンを見たところ、膝の下脛骨の上の部分がぽっかり丸く黒く抜けていました。
あきらかにおかしい。
本来なら白い骨が写っているはずです。

ここに何かあるか水がたまってるかで、骨が薄くてもろくなっている。
だから少しの力で骨折したんだね。
これが何かは検査してみないとわからない。 と言われました。

なので年明けにMRIを撮ることになってこの日は帰りました。
私は骨か靭帯を痛めたと思ってたのでちょっと驚きつつ、今までの膝の痛みの原因はこれかと納得。

それから年末年始はつらかったですねー。
どこにも行けない!家の中でもほとんど動けない!
松葉杖はあるものの、下手に動けば足は痛いし、全身疲れていて動きたくないんです。
姉になんでもやってもらってました。本当に迷惑をかけたよ…。

しょうがないのでテレビばっかり見てました。
年末の番組もぶっ続けで見て、サッカー天皇杯に箱根駅伝に高校サッカーに。

そして年明け4日!MRIです!

続く
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

みなみ

Author:みなみ
・現在サッカーは鹿島の10番本山さん、フィギュアスケートはカナダのパトリック・チャンを応援中。
・難しいことは考えず感覚優先です。
・兵庫県在住。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。