スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010-2011GPS スケートカナダ男子FS パトリック・チャン

スケカナの感想も書き終わらないうちに明日はもう中国杯です。
GPS楽しいけど追い付かない…!

とりあえずパトリック・チャンの感想だけは書いておきます。

フリーは昨シーズンから引き続き「オペラ座の怪人」
衣装も同じ。この衣装は前かがみになると背中からシャツが見えるのが気になる。

大きな歓声の中登場。いい顔をしてる!
昨季から引き続きといえど、中身は大分変更されています!
最初のジャンプは今季から入れることになった4T。
ショートでは転倒でしたがフリーでは見事に成功!
美しい~。凄く余裕があって軽々と降りています。

そして次はいつも苦労している3A。
これは転倒。あああー。ジャーンと音楽が盛り上がるところなので決まったらかっこいいだろうな。
本人も4Tより3Aの方が不安定だと言っていますからね…。
ここは本来ならコンビネーションですね。
転倒してもすぐに立ち上がるのがいい!

次の3Lzはちょっと着氷が詰まってるかな?
それからSlSt相変わらずかっこいい!FSSpも丁寧だなあ。

3A2T。
3Aをなんとかこらえて2T。
2回目の3Aは成功!よく2Tつけられたなー。

3Lz1Lo2Sも3Lzの着地が危うかったんですけどハーフループ入れて2S。
昨季は3Lz2T2Loだったところです。

スピンも綺麗に決めてイーグルから3F。
3Lo3Tは3Tが回転不足(アンダーロー テッドで基礎点の70%の得点)
最後のジャンプは2A。

そしてChSt!
これも今季からのコリオステップ!!
うわー凄い!かっこいい!動きまくってます!
なんて言ったらいいんでしょうね。1回見ただけでは頭の中で処理が追い付かない。
その勢いのままCCoSpでフィニッシュ!!

ジャンプは転倒もあり着地が危ういのあり、滑り自体もちょっと抑え気味?と感じるところもありましたがよかったです。
振付もところどころ変わって印象も変わりました。
昨季からもリバティの時からも変わってますね。
好きだった振付がなくなっているのはちょっと寂しかったりもするんですが、この方がいい!
印象が変わったというより、違う方向性なのかなって思います。

4回転が入っても物凄い密度。運動量が豊富。
鍵は3Aですねー。苦手意識もあるみたいだし。
綺麗なクワドと豪快な3A。今後が楽しみです。

昨季のジャンプ構成
3A2T
3F3T
3Lz
3A
3Lz2T2Lo
3Lo
3S
2A

今回のジャンプ構成
4T
3A
3Lz
3A2T
3Lz1Lo2S
3F
3Lo3T
2A

本来は最初の3Aがコンビネーション。
3Lz1Lo2Sは3Sの予定。今季からハーフループは1Loの基礎点がついて、シークエンスの0.8掛けはなし。
はあ~こんな風になったんですね~。
後は予定通り?また変わりそうな気もします。
パトリックは失敗しても後でコンビネーションをつけられるのが器用だなと思います。

ショート4位フリー1位で優勝。メダルが透明で綺麗なんだけど首にかけている時は透明すぎて全く見えません(笑)

次のロシア杯も楽しみです。

男子SP プロトコル
http://www.isuresults.com/results/gpcan2010/gpcan10_Men_SP_Scores.pdf
男子FS プロトコル
http://www.isuresults.com/results/gpcan2010/gpcan10_Men_FS_Scores.pdf

それからエキシビション。
「Don't Worry, Be Happy」
ネクタイがたくさんついている衣装ではなくて、ボーダーのTシャツ!胸にP!ズボンが黒で横がキラキラ…ってオペラ座のズボン。
けどこのTシャツかわいい!似合ってる~。
ネクタイ衣装だとちょっとSPの雰囲気に似ちゃうからこっちの方が好きかも。
このエキシ大好き♪
スポンサーサイト

テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

波乱万丈のスケカナ終わりましたね

今晩は!スケカナのパトリックのフリー、私なりに振り返りつつ、管理人さまの感想はどうなのかなと楽しみにしてました。

何と言っても、今季GPの1試合目でクワド初成功したのって、彼にとって凄く大きかったですよね。
音楽が始まる直前の顔がすごく引き締まったいい表情で(緊張しすぎず、集中してた感じです)、これはやってくれそうとは思いましたが・・・

クワド着地後の歓声で音楽が聞こえず、動揺したのか3Aは失敗でしたが、佐野氏も他の詳しい人も、回りすぎとのこと。クワド練習したせいでしょうか。

ジャンプの着地はいつもより不安定だったけれど、スピンとか(パンケーキ以外)、ステップ、特にあの最後の怒涛のステップとか、凄いとしか・・・体力もずば抜けてますね。高地練習のおかげかな。
滑りも一層大きく、伸びやかになってて、どこまで上手くなるの、って感じです。
一番感心したのは、クワド入れてもプログラムの密度が益々濃くなってて、「攻め」のプロだってことです。今季の意気込みが伝わってくるようで、怪我しないで欲しいなと思います(いつもためらいなく凄いスピードでジャンプ跳んでる、って感じなので、豪快に転んでもよく怪我しないなあと感心してますが)。

今回点数については色々と騒ぎになっているようですけど、確か昨シーズンのPCSが80~82ぐらいだったので、それより明らかに進歩している今季、これくらいに上がってもおかしくないと思いました。
詳しい方はそんなに疑問視してないようですが。

本田さんがツイッターで、ぴーちゃんなんでそんなに滑りがきれいなんだと呟いてたそうですね(本田さんからも、ぴーちゃんって・・・)

次はアウェーのロシアですが、SPでもパトリックらしいTakeFiveを見せてほしいですよね。今回も決して調子は悪くなかったと思うので、楽しみです!

長文失礼しました。

Re: 波乱万丈のスケカナ終わりましたね

こんばんは、コメントありがとうございます!
感想といいつつあまり感想になっていないのですが…。
個人的には、スケーティングや技術の方に圧倒されている感じです。

>音楽が始まる直前の顔がすごく引き締まったいい表情で(緊張しすぎず、集中してた感じです)、これはやってくれそうとは思いましたが・・・

これは本当にいい顔していましたよね~。緊張している時は結構わかりやすいというか、そして演技も硬い時が多いように思います。
初戦でクワド!宣言して手に入れて、いいスタートになりましたね。
それからプログラムの密度ですよね。クワドが入って密度はどうなるのかという声もありましたけど、さらに濃くなってるって…驚きです。
これをまとめる事が難しいんだと思いますが、この「攻め」は嬉しいです。
3Aは回りすぎで…。元から得意とは言えないのに、クワド練習をすると3Aの感覚がズレちゃうんでしょうね。
やっぱり両立というのは思っている以上に大変なのかも。

点数については話題になるのはわかります。
色んな意見があってどれに対してもなるほどなーと同意してしまう私です。
昨季よりプログラムの難度も上がっているし、スケーティングの迫力が増しているので点数は伸びると思います。

パトリック自身が今まで色んな事を言ってきて、言われてきて、こっちがやきもきしていてもいつも飛び越えていっちゃう印象です。

本田さんのコメントは嬉しいですね♪
それに「ピーちゃん」って(笑)やっぱり思うんですね~。

SPはスケーティングの凄みが堪能できるプログラムだと思うので、ロシア杯期待しています♪

EXのプロ

今日は!
レスありがとうございました

一つだけ言い忘れましたが、今回のEXの中で、ほぼ無助走で3回転跳んでるところ、すごくないですか?
イーグルでどこまでも滑っちゃうところとか、さりげなく凄いなと思ってしまいました。
最後の自分で椅子のお片づけしてる所は、なんだか可愛かったです。

Re: EXのプロ

EXの無助走のジャンプは何度みてもその部分でびっくりしてしまいます!
プロ自体も面白いんですけど、さりげなく難しいことをやってますよね~。
椅子のお片付けも可愛い。片付けまでプロの一部と思って見てます^^
プロフィール

みなみ

Author:みなみ
・現在サッカーは鹿島の10番本山さん、フィギュアスケートはカナダのパトリック・チャンを応援中。
・難しいことは考えず感覚優先です。
・兵庫県在住。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。