スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010 ナビスコ杯準々決勝 1st 川崎フロンターレ戦

鹿島アントラーズ2-1川崎フロンターレ カシマスタジアム
得点者 鹿島:マルキーニョス、興梠慎三

スタメン
GK曽ヶ端準
DF新井場徹、岩政大樹、伊野波雅彦、ジウトン
MF青木剛、小笠原満男、野沢拓也、フェリペガブリエル
FWマルキーニョス、興梠 慎三

久しぶりの勝利!
嬉しいんですけど、ホーム&アウェー形式の第1戦が終わっただけなので前半が終わっただけと考えた方がいいかも。
アウェーゴール方式もあるし難しいですね。

前半は鹿島のペースだったと思いますが、後半は運動量が落ちていました。
マルキはやっぱり頼りになりますね~!

心配なのはフェリペ。
後半始まってすぐに足を痛め自分から願い出て交代しました。
なのでいつもよりだいぶ早めにモトが入ります。

モトはずっと治療しながら出場を続けているという事で、この日もコンディションは良くなかったです。
でもノザとのパス交換なんかはさすが。良かったです。
やっぱりノザとモトがからむと面白いんですよね~。
ノザはちょっと調子を落としてますけど・・・。

モトについてはこの試合でも足を痛めたようで心配です。
最後整列の時に座りこんで痛そうにしていました。

オリヴェイラ監督のコメントを見ると凄くモトの事を信頼してくれてるんですよね。

http://www.jsgoal.jp/news/jsgoal/00106226.html
「基本的にただ練習をしているだけではコンディションは上がりませんし、試合勘は戻りません。
そういった意味で試合に出させて、併行してコンディションを上げていくということを考えています。
本山選手は非常に重要な選手であって、彼が調子を戻すか戻さないかというのは大事な部分でありますし、前の試合では大事な時間帯で点を取れる選手です。
あるいは彼が入ることによって、全体的な技術の質が変わってきますし、向上してくる部分もあります。
またパサーでもありますし、リズムをつくったり広くバリエーションをつくったりすることもできます。
基本的に機会があれば彼を出場させて、彼の調子を取り戻していく話をしています。
もし、彼が出場する前に何か怪我が明確にあるのであれば、当然ながら使いませんけど、基本的には大丈夫だと報告されているので、そういった考えのもとで本人と取り組んでいます」

コンディションが整っていない、試合勘が戻っていないという事を踏まえてそれでも必要としてくれてるんです。
本当に無理なら使わないとも言っています。オリヴェイラ監督はフィジカルコーチ出身なので、そこのところは配慮してくれるようです。
選手の話を聞いても、休まないといけない時は休めと言ってくれる。
そういういい監督みたいです。

とは言っても無理してるのは無理してるんでしょうけど。
そういうモトの姿を見ていると色々考えてしまいます。

でもすぐに天皇杯があります!
こんなに早い時期に天皇杯ってちょっと違和感があります。
メンバーは変わるんでしょうか?
代表に召集されている岩政のところは大岩さんかな?
フェリペのところは、モトか遠藤か・・・。
楽しみです!
スポンサーサイト

テーマ : 鹿島アントラーズ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

みなみ

Author:みなみ
・現在サッカーは鹿島の10番本山さん、フィギュアスケートはカナダのパトリック・チャンを応援中。
・難しいことは考えず感覚優先です。
・兵庫県在住。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。